危険を知らせてくれるシステム

私の主人は、大工をしています。大工の仕事には電動のこぎりやインパクトなどなど、たくさんの道具が必要になります。一軒の家を建てるためにかかる日数には多少のばらつきはありますが、半月は最低でもかかります。基本的には一軒の現場が終えるまでは同じ現場に行くのですが、面倒なことに仕事道具は毎日持って帰ってきます。

昔であれば、現場に置きっぱなしにしたままで帰ってきていたそうなのですが、今は道具などを盗みに入る人が結構いるらしいのです。中には、持って帰ってくることが不可能なアイテムなどもあるのですが、主人は二度か三度盗まれた経験がありました。また、去年には家の駐車場に止めていて車の鍵をこじ開けられ車上荒らしにあい道具をほとんど盗まれてしまいました。主人の大工仲間などは、現場の駐車場に止めていて、昼間にもかかわらずごっそりと道具を盗まれてしまったことがあったのです。車通勤しなくてはいけない仕事で、めちゃくちゃに鍵を壊されてしまったらしく修理にも時間がかかり、新しく道具を購入するためにもお金がかかり本当に散々だったそうです。

うちの場合も、道具を買いそろえるためにかなりの出費になりましたが、車は綺麗にあけられていたので修理に出すほどではありませんでした。ITの技術がもっと進み、今のようなセキュリティシステムだけではなく、ピンポイントで危険な状態を知らせてくれるようなシステムができればもっと便利になるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です